プロフィール

野田あすか プロフィール

野田あすか (のだ・あすか)

宮崎県在住の発達障害を抱えるピアニスト。

1982 年生まれ。4歳の頃より音楽教室に通い始め、ピアニストの道を志すようになる。
子どもの頃から人とのコミュニケーションがうまくとれず、たびたび特異な行動をとり、それが原因でいじめを受け、自傷行為が始まり、転校を余儀なくされる。
憧れであった宮崎大学に入学するも、人間関係によるストレスで過呼吸発作を起こし、
たびたび倒れて入退院を繰り返し、大学を中退。
家族や周囲の人は困り、悩まされたが、あすか本人も「どうして、まわりの人とうまくいかないの?」と悩みつづけた。

その後、宮崎学園短期大学音楽科の長期履修生となる。
この頃に恩師となる田中幸子先生と出会い、自分の心をピアノで表現することができるようになる。

短期留学したウィーンでも倒れ、
22歳で初めて生まれつきの脳の障害である「発達障害」と診断された。

帰国後、パニックで自宅2階から飛び降りて、右足を粉砕骨折し、
ピアノのペダルを踏めなくなるが、現在では、工夫して左足で踏んでいる。

たくさんの苦しみを抱え、自分の障害と向き合ってきたことで、
あすかの奏でる「やさしいピアノ」は多くの人の感動をよんでいる。

2006年、第12回宮日音楽コンクールでグランプリ並びに全日空ヨーロッパ賞を受賞。ほか受賞歴多数。

2015年、あすか誕生からの33年間を両親と共につづった
『CDブック 発達障害のピアニストからの手紙 どうして、まわりとうまくいかないの?』(野田あすか、野田福徳・恭子著、アスコム刊)を上梓。
同時に発達障害の人の気持ちを歌った自作曲「手紙〜小さいころの私へ〜」「生きるためのメロディ」を発表し、付属CDに収録した。

2016年、自作曲10曲を収録したCDブック第2弾
『脳科学者が選んだやさしい気持ちになりたい時に聞く 心がホッとするCDブック』(野田あすか音楽、中野信子著、アスコム刊)を出版。

同年、東京・銀座の王子ホールでリサイタルを開き、プロのピアニストとしてデビュー。

2017年、東京・築地の浜離宮朝日ホールをはじめ、
大阪、宮崎などでもリサイタルを開催し、完売・満席の大好評を博す。
今後の活動が注目されているピアニストである。

2017年、岩谷時子賞奨励賞を受賞。