CDブック・楽譜の紹介

読者からの声

脳科学者 中野信子さん 大絶賛!

「今まで読んだどの本より『発達障害』の世界がリアルに描かれています。
ぜひ、多くの人に読んでいただきたい一冊です」

■「あすかさんとご両親の歩いてきた道の険しさに胸が熱くなりました。
  大好きな音楽であすかさんの花を咲かせて、私たちに希望を与えてほしいです」(53歳・女性)

■「音色が素晴らしく、心に染みわたり、涙があふれました。野田あすかさんのいろんな曲を聴いて、
  命が揺さぶられるようでした。また新たに人生を出発させていただきました」(79歳・女性)

■「生きにくくて、もどかしい時もがんばろうと思えました。
  発達障害の人だけでなく、自分に自信がなくて悩んでいる人みんなに読んでほしいです」(32歳・男性)

■「私も統合失調症で苦しんできましたが、あすかさんの本を読んで、
  あすかさんの両親やピアノの先生といった人とのつながり方に感銘を受けました。
  あすかさんの道のりは、一見遠回りをしているようですが、そんなことはないと思います。
  これからもピアノを通じて人の痛みを癒すピアニストになってほしいと願っています」(52歳・女性)

■「あすかさんのCDに励まされました。私は心の病気になっていますが、
  がんばって病気を治します」(35歳・女性)

■「発達障害の子供がいるので参考になりました。あすかさんのご両親のように、
  子どもを愛して、支えてあげたいと思います」(45歳・女性)

CDブックの紹介


本体価格 1200円+税
発行 アスコム

好評発売中!

脳科学者が選んだ
やさしい気持ちになりたいときに聞く
心がホッとするCDブック

著者 中野信子
音楽 野田あすか

本書内容

このCDブックは、脳と心にとって大切な「気づき」をもたらすオリジナル曲を紹介しています。
曲は、ピアニストの野田あすかさんが作曲してくれました。
このCDを聞いて、新しい自分に目覚め、健やかな毎日を送りましょう。(中野信子)

脳科学者・中野信子さんが教える「自分の心や気持ちに気づき、よりよい生き方を見つける」
ためのCDブックです。このCDブックを通して、「マインドフルネス」の考え方や体験を自分のものにすることができます。
「マインドフルネス」は、自分のありのままの心や気持ちに気づき、その気づきで自分をいっぱいに満たすこと。そのことで自分の心がどのようであるのかを知り、よりよく生きることができます。このことは、脳の働きを高め、いわば自分の脳を育て直すプロセスの実践であるともいえるのです


CDの内容

CDには、野田あすかのオリジナル・ピアノ曲を10曲収録しています。どの順序で聞いても、特定の曲を繰り返し聞いてもかまいません。イヤフォンやヘッドフォンで聞いても、曲を流しっぱなしにしても結構です。聞き方に特別なルールはありません。CDの音楽に浸って、自分の心を素直に向き合ってください。


本書の構成

このCDを聞いた方々から感動の声が寄せられています!
このCDはこんな時に聞こう!
第1部 あすかさんから学ぶ、脳や心の大切な「気づき」
    ・なぜ、あすかさんのピアノを聞くと、やさしい気持ちになるのか?
    ・発達障害のピアニストから学ぶ大切な「気づき」とは?
    ・「ありのままでいい」と気づくと脳と心がラクになる
    ・あすかさんこそ、マインドフルネスの「体現者」で「実践者」なのです
第2部 あすかさんの音楽が、マインドフルネスの扉を開く
    ・マインドフルネスって何?
    ・大切なのは「あるがまま」を受け入れること
    ・なぜマインドフルネスが、よりよい生き方につながるのか?
    ・自分に否定的な人は、
     もっと自己肯定感を高めることが大切なのです
    ・あすかさんのピアノに浸って、自分の心を見つめてほしい
    ・「気づき」に自分をうまく乗せて生きる
    ・あすかさんのピアノへの「共感」も大切な「気づき」なのです
    ・やさしい気持ちーーその時、脳はどうなっている?
第3部 ピアニストあすかさんからのメッセージ
    (野田あすかによる曲解説、中野信子コメント)
    1.なつかしさ
    2.コスモス色のやさしい風
    3.あまいかおり
    4.ココロのふるさと
    5.しあわせのプレゼント
    6.ぴあちゃんとおさんぽ
    7.哀しみの向こう
    8.安心のサイクル
    9.おもいやりの風
    10.あしたに向かって


CDの収録曲

作曲:野田あすか

1.なつかしさ
2.コスモス色のやさしい風
3.あまいかおり
4.ココロのふるさと
5.しあわせのプレゼント
6.ぴあちゃんとおさんぽ
7.哀しみの向こう
8.安心のサイクル
9.おもいやりの風
10.あしたに向かって


本体価格 1700円+税
発行 アスコム

好評発売中!

CDブック
発達障害のピアニストからの手紙

〜どうして、まわりとうまくいかないの?〜

著者 野田あすか
   野田福徳・恭子(両親)

本書内容

あすかには広汎性発達障害、解離性障害という障害があります。それにパニックを起こして自宅2階から飛び降りて右足粉砕骨折をした後遺症で、杖がなければ歩けませんし、ときには車椅子が必要です。さらに左耳感音難聴と、たくさんの障害のあるピアニストです。あすかが20歳を過ぎて初めて広汎性発達障害と診断されるまで、私たち両親は、あすかに障害があるとはまったく思っていませんでした。
本書では、私たちの後悔や失敗についても、できるだけ包み隠さず書きました。また、障害のある人はどのような気持ちでいるのか、何を考えているのかがわかるように、あすかにも「あすかの手紙」として思い出すかぎりのことを書いてもらいました。そこには、私たちも初めて知ることがたくさん記されていたのです。(野田福徳・恭子)

CDの内容

付属CDは本書のために新たに録音しました。
私のピアノでみなさんがほっとしてくれるとうれしいです。


つらいこと、苦しいことがいっぱいありましたが、ピアノはいつも私のこころをわかってくれて、私の「こころのおと」を出してくれます。みんなと同じことができずに苦しいとき、ピアノが「きみのままでいいよ」って教えてくれます。
障害とかがなくても、将来が不安な人や、今苦しんでいる人が、私のピアノを聞いて、ほっとして「またがんばろう」「これからも生きていこう」と思ってもらえるような音を目指すこと。これが私の夢、私の願いです。こころをこめて弾きました。聞いてください。(野田あすか)


本書の構成

第1章
なぜ、まわりの人とうまくいかないのか
第2章
ピアノが教えてくれた「こころのおと」
第3章
くやしい気持ちを我慢していた子どもの頃
第4章
なぜ、パニックになるのか?
「いつもと同じ」は「安心サイクル」「いつもと違う」は「不安サイクル」
第5章
精神科に長期入院。原因は何なのか?
第6章
下された診断は「広汎性発達障害」
第7章
障害を隠し続けるのか、公表すべきなのか?
第8章
ありのままの自分でいい
第9章
手紙 ~小さいころの私へ~



CD収録曲

手紙〜小さいころの私へ〜

演奏:野田あすか

  1. おもいやりの風  自作曲(作曲:野田あすか)
  2. ふわふわ  自作曲(作曲:野田あすか)
  3. 3つの小品 FP. 48 第3曲 トッカータ
  4. カッチーニのアヴェ・マリア
  5. アメージング・グレイス
  6. 愛燦燦
  7. しあわせ運べるように(ピアノソロバージョン)
  8. 手紙〜小さいころの私へ〜  自作曲(作詞・作曲・歌:野田あすか)
  9. 生きるためのメロディ  自作曲(作詞・作曲・歌:野田あすか)
  10. 手紙〜小さいころの私へ〜(カラピアノ)  自作曲
  11. 生きるためのメロディ(カラピアノ)  自作曲

楽譜の紹介

現在、楽譜のダウンロード準備中です。
しばらくお待ち下さい。
ダウンロードの準備が整いましたら、
無料ファンクラブにご登録いただいた方に、
メルマガにてお知らせいたします。

無料ファンクラブのご登録はこちら