テレビで紹介され話題の野田あすかCDブック

【第1弾 CDブック】2015年5月発売

CDブック
発達障害のピアニストからの手紙
〜どうして、まわりとうまくいかないの?
【第2弾 CDブック】2016年9月発売

脳科学者が選んだ
やさしい気持ちになりたい時に聞く
心がホッとするCDブック

◆文章とCDでわかる発達障害

・誕生から現在までの33年間の苦悩と、
 自分をピアノで表現できるようになった喜びを
 野田あすかと両親が包み隠さず綴っています
・「涙があふれて止まらない」。
 発達障害をかかえて苦しんだ、
 子どものころの自分に歌った自作の歌
 『手紙〜小さいころの私へ〜』を含む全11曲を収録したCD付き


◆野田あすか自作曲10曲がCDに!

・東京銀座王子ホールを感動で包んだオリジナル曲の数々を収録
・「初めて聞くのに、なぜかなつかしい」
 「心が震えて、涙がこぼれる」と大評判のピアノ曲
・脳科学者・中野信子さんが教える、
 「自分の心や気持ちに気づき、
 よりよい生き方を見つける」ための解説付き

野田あすかプロフィール

広汎性発達障害、解離性障害が原因で、いじめ、転校、退学、そして自傷、パニック、右下肢不自由、左耳感音難聴などで入退院を繰り返してきたピアニスト。

4歳の頃より音楽教室に通い始め、ピアニストの道を志すようになるが、子どもの頃より人とのコミュニケーションがうまくとれず、それがストレスとなり、たびたび特異な行動をとる。
そんなときも、大好きなピアノがあすかの心の支えになる。
22歳になるまで「発達障害」とわからなかったため、家族や周囲の人は困り、悩まされたが、あすか本人も「どうして、まわりの人とうまくいかないの?」と悩みつづけてきた。

恩師となる田中幸子先生と出会い、自分の心をピアノで表現することができるようになる。
2015年5月、両親とともにその頃の気持ちをつづった初の著書を上梓。
同時に発達障害の人の気持ちを歌った自作曲「手紙〜小さいころの私へ〜」「生きるためのメロディ」を発表し、付属CDに収録した。たくさんの試練をのりこえてきたことで、あすかの奏でる「やさしいピアノ」は多くの人の感動をよんでいる。

NEWS

公演情報
【宮崎】2017.07.01(土)アイザックスターンホール(メディキット県民文化センター)にてソロリサイタル【詳しくはこちら
公演情報
【大阪】2017.04.30(日)いずみホール(大阪城公園)にてソロリサイタル【公演終了】
公演情報
【東京】2017.03.16(木)浜離宮朝日ホール(築地)にてソロリサイタル【公演終了】
【東京】2017.03.18(土)浜離宮朝日ホール(築地)にてソロリサイタル【公演終了】
2017.05.20
テレビ出演情報
5/20土曜日16:30~MRT宮崎「報道LIVEトコトン」にて
「万人の響」(5/7出演)コンサートの模様が特集
2017.05.08
演奏情報&講演情報
5/8月曜日18:30~in北海道中川町「生涯学習センターちゃいむ」にて
内容:「文化芸術公演」にて母・恭子の講演会および野田あすかミニ演奏会
問い合わせ:0165-67-2877
2017.05.08
掲載情報(5/8月曜日・北海道新聞)
2017.05.07
演奏情報
5/7日曜日in北海道札幌市コンサートホール「Kitara」
内容:「万人の響」コンサートにて
   ピアノソロおよびオーケストラとの共演
詳しくは コチラ
2017.04.25
掲載情報(4/25火曜日・読売新聞大阪版)
2017.04.24
テレビ出演情報(4/24HBC北海道放送「今日ドキっ!」)
2017.04.24
掲載情報(4/24月曜日・産経新聞夕刊「発達障害と生きるピアニスト・野田あすかさん 大阪で初公演「みんなの力になりたい」)
記事は コチラ
2016.12.02
テレビ出演情報(12/2金曜日・TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」)


無料ファンサイトのご案内


メールアドレスをご登録いただくと、野田あすかのメディア出演や新刊、コンサートなどの最新情報、またチケット先行発売などお得な情報をメールでお届けします。

また、今ならご登録いただいた方全員に、野田あすか演奏の「ふわふわ」(自作曲)、「アメージング・グレイス」をプレゼント!ぜひご登録ください。




CDブック発売情報

好評発売中

「人間関係がラクになった」「悩みが消えた」「涙があふれた」と大好評。話題の脳科学がおくる「しなやかな脳と心」を育てるCDブック!
野田あすかが本書のために作曲、録音をした10曲を収録しています。中野信子さんが教える「自分の心や気持ちに気づき、よりよい生き方を見つける」ためのCDブックです。このCDブックを通して、「マインドフルネス」の考え方や体験を自分のものにすることができます。




好評発売中

【両親の言葉より】
本書では、私たちの後悔や失敗についても、できるだけ包み隠さず書きました。また、障害のある人はどのような気持ちでいるのか、何を考えているのかがわかるように、あすかにも「あすかの手紙」として思い出すかぎりのことを書いてもらいました。そこには、私たちも初めて知ることがたくさん記されていたのです。